選択の英才教育
ホーム > サプリメント > 健康食品は食品だから安全であるという考えは危険

健康食品は食品だから安全であるという考えは危険

赤ワインのポリフェノールはその含有量の多さで注目される成分です.多くの植物にも含まれている苦みや渋み、色素などの構成する成分です抗酸化作用によって活性酸素を除去する作用があり、アンチエイジングへの期待が持てるということで人気です。それ以外にも、目の健康に良い、血液サラサラ効果アレルギーを抑制する作用が期待されます。

 

乳酸菌とは腸内で糖質を分解して乳酸を作りだす性質の細菌の総称です。

 

悪玉菌は食べ物を腐敗させてしまいますが、食物を発酵させる働きのある乳酸菌などを善玉菌と言われています。乳酸菌には200を超える種類があり、それぞれに形や特性が異なります。

 

 

漬物やヨーグルトなどの発酵食品などに豊富に含まれており、私たちの体の働きを助けてくれます。赤から青にかけての色調の成分であるアントシアニンはブドウやブルーベリーなどのフルーツに含まれていて、視覚機能の改善に効果があるとされています。大豆の胚芽部分に多く含まれるイソフラボンは、エストロゲンに似た構造を持ち女性ホルモンの作用をもたらすと言われていて話題となっています。更年期の女性特有の症状や骨粗鬆症などの予防に役立つことから、女性にとってとても嬉しい成分です。

とうがらしに含まれるカプサイシンは辛みとなる成分です。血流の流れを促進して発汗を促し、肩こりの解消や冷えの改善、疲労の回復やダイエット効果なども期待できます。交感神経を刺激するカプサイシンはアドレナリンの分泌を促す働きをします。

 

 

 

結果的に、エネルギー代謝が上がって脂肪を分解して燃焼させるため、ダイエットにも効果が有ると言えます。ビタミンDは骨の生まれ変わりを活発にするビタミンで、食べ物からカルシウムが吸収されやすくなるようにサポートしたり、骨や歯まで送る効果があります。

 

血液中のカルシウム濃度が不十分な時は、ビタミンDが骨からカルシウムを取り出し血液に放出します。ビタミンDは食事からも摂れますが、太陽光に浴びることによっても製造されます。

「健康食品」とは、法により決められたということはなく、健康を保ち良くするために効く食品として販売・食用されるもの全てを表し、広義の意味で使用されています。健康食品と呼ばれるものには健康補助食品や混交飲料、サプリメントなどもあります。ドラッグストアで見かけるサプリなどは親しみのあるものだと思います。

健康食品は食品だから安全であるという考えは危険です。健康食品には、ある成分だけを濃縮して高濃度となっているものがあるので、服用される方の年齢が幼い場合は用心する必要があります。子供用として製造されたものは別として基本的には6歳以下の幼いお子様は服用を遠慮しましょう。発達障害のサプリの効果についてのエビデンス

 

 

 

玉ねぎやにんにくにある臭いや辛み成分の元は硫黄化合物の1つです。

これはさまざまな野菜にも含まれていますが、共通して言えるのは強い抗酸化作用を持つということです。活性酸素を取り除き、老化防止や生活習慣病の予防に効果が期待できます。他にも強力な殺菌効果があり、ピロリ菌へも作用して胃の健康を保つために役立つと言えます。口臭予防にも効果があるようです。