選択の英才教育
ホーム > 育児 > 2~3歳児のベストの睡眠時間は?

2~3歳児のベストの睡眠時間は?

幼い時期は生活習慣をしっかりさせましょう。

 

 

寝付くのが遅くなるほど、朝、布団から起き上がるのも遅い時間になり、生活リズムも少しずつおかしくなっていきます。

 

 

 

それにより、自律神経のバランスも狂って、年齢が上がるとともに、心と体の不具合が生じることもあります。

2~3歳児のベストの睡眠時間は、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。

 

 

 

こんな睡眠習慣が3歳ごろには完成していると素晴らしいです。

 

 

 

お子さんに排便の習慣づけをさせ、そのことの重要性を教えるのに必要なのは、子どもに対する親の教育です。

ブレックファーストをしっかり摂って、もよおしてきたら排便に行く、それを習慣として体に覚えこませましょう。そうして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。

 

 

良いうんちは臭いにおいもせず、バナナに似たかたちでまずはプカプカ浮くものの、段々と底に落ちていくようなイメージです。

 

 

 

野菜類の栄養の代表といえるビタミン類には、他の栄養素の代謝を支える、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。細胞の一つ一つに活力を与え、健康の鹿目でる免疫力を高めるため、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。

ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルや桃やバナナなどの果物から摂れるビタミンは免疫のカギである白血球の働きを強化します。

 

子供の脳の発達については幼稚園の年少ぐらいで通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。

 

 

その後は使用度合いに合わせて機能が高まり、まるで筋トレで筋肉が増強されるかのように、知的トレーニングを行うことでステージが上がっていきます。

 

食物に含まれるカルシウムやビタミンB1は脳機能の発達を支える栄養素です。

そして忘れてはならない青魚に多く含まれるDHAは脳神経の連携を活発にするように働きかけることが多く研究でわかりました。ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルは体をつくる元となるとともに、食物の消化吸収や老廃物の排出、体内活力の産生など生理作用をいい具合に整える働きがあります。

 

さらに野菜には快調な便通に役立ち、腸内の状態をクリーンにしてくれる食物繊維がたっぷりあるのです。これらは体の中で生成されませんから、食事でしっかりと取り入れていきましょう。

 

最近の子というのは背丈がスーッと高くて手足の長さもサーと長く、昔の人よりカッコよいスタイルをしています。この理由は炭水化物中心の日本的な食事メニューから肉などをよく食べる欧米食に好みが変化してきたことがあります。その反面、高血糖や高脂血症などの以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。

 

 

もっと深刻なのは肥満や生活習慣病の子どもが数が上昇していっている点です。海藻は野菜と同じぐらいにミネラルやビタミンなど健康にプラスとなる栄養を豊富に蓄積しています。そして白血球のパワーを引き出し、ガンや他の病気を防ぐ成分も含み、免疫力を上げるために非常に役立つ食材です。

 

 

 

海藻に含有される食物繊維は水に溶けやすい性質があります。腸内細菌の増殖を促進して、大腸の蠕動運動をサポートし、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。

 

常にいら立ったり、たいしたことないのに激怒する子らが増えつつあるみたいです。原因としてストレスや様々な理由があるかと思いますが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さともつながりがあります。

 

糖分の摂取が多すぎると低血糖症の症状が現れます。

 

精製された砂糖などの糖質は血糖値を急速に高めます。その上昇を抑え込むためインスリンという膵臓から出されるホルモンが大量に分泌され低血糖の状態を引き起こします。子供用 青汁