選択の英才教育
ホーム > 育児 > 海藻のDHAは子どもの頭脳の発育にプラスになる

海藻のDHAは子どもの頭脳の発育にプラスになる

成長途上の子にとってはしっかりと栄養の摂れる食物を規則正しい時間にちゃんと食べることが必要です。

 

 

といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、本来の体にとって必要な栄養のシーソーが乱れ兼ねません。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられ沿うな程度の食事をつがせて、自分の食欲と許容量の折り合いについて感覚としてつかむよう教えていますが、なかなか本質をついたやり方だと感じました。

 

小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで成人の脳の約85%にも発達していきます。

 

 

 

その後は使用度合いに合わせて機能が高まり、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知能をよく使い続けることでさらにレベルがアップしていきます。

 

 

栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳がしっかりはたらくために重要な栄養です。付け加えるとDHAやEPAには神経細胞のリンクを円滑にするように働聴かけることが多く研究でわかりました。

 

ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。

 

 

 

ミネラルは体をつくる元となると共に、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、身体エネルギー産生など生命活動をほどよく加減する役割を持っています。

 

 

 

そして野菜には便秘を防ぎ、腸内の状態をクリーンにしてくれる食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)がたっぷりあるのです。これらは体の中で生成されませんから、食べ物から摂取することが不可欠なのです。

 

野菜ジュース(カロリーの他に、添加物にも注意した方がいいでしょう)でたっぷり摂れるビタミンは、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体のいろんな生理作用をコーディネートするなどの働きがあってます。

全身の37兆以上の細胞を活性させ、病気への抵抗力を高めるのにかなり大切な任務を負っているのです。小松菜やニンジンなどの野菜類やキウィやリンゴなどのフルーツを通して摂取できるビタミンは免疫のカギである白血球の働きを強化します。海藻は野菜にも負けないビタミン・ミネラルなどの健康に効果のある栄養を豊かに蓄積しています。

また白血球の働きを強め、いろんな生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)病になりにくい体をつくる成分をふくみ、免疫を強固にするうえでとても有効な食物です。

海藻に含有される食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)は水に溶けやすい性質があります。

 

 

腸内細菌の増殖を促進して、大腸の運動がスムーズにいくよう助け、疲労回復に欠かせないビタミンB群をどんどん合成させるなど重要な働きをしています。最近の子というのは背丈がスーッと高くて手や足の長さも長く、古い時代の人より恰好が良いです。

 

 

 

これというのもコメを主とする和的な食習慣から肉をよく食べる欧米人の食習慣に社会全体として傾いてきたからです。

その反面、高血糖や高脂血症などのかつての日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのです。

 

もっと深刻なのは肥満や生活習慣(一度に何もかも改善するのは難しいですが、健康によくないことを一つでもやめる・減らす、からだにいいことを一つでも始めるということが大切です)病の子どもが急激に数を増している状況です。おこちゃまの身体の健康と成長を支えるのは食物です。

 

 

食物の健康効果というのは、薬以上の働きをすることがあります。おこちゃまが日ごろ何を食べているかが発育に少なからぬ影響を与えます。周囲にいる親を含めた大人たちがその大切さを忘れないでいることが必要です。

食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも大聞く役立ちますし、脳がしっかりと発達するのにも重要です。

 

 

 

海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸が多く含まれます。

 

特にDHAの役割は見逃せません。これについては子どもらの頭脳の発育にプラスになると考えられている成分です。子供 脳 サプリ

海藻類が希少な滋養分を持つのは、海の恵みがたっぷりと凝縮、蓄積されているためです。海藻を利用したサラダなどを毎日モリモリ食べて、海の力で丈夫な体をつくりましょう。