選択の英才教育
ホーム > 育児 > 子供の便秘の薬は緊急手段ととらえて使い過ぎに注意

子供の便秘の薬は緊急手段ととらえて使い過ぎに注意

お子さんに排便の習慣づけをさせ、その大切さを認識させるために必要なのが、子供とのコミュニケーションです。

しっかり朝ご飯を摂って、もよおしたらトイレに行く、このリズムを体得させましょう。そうして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。

 

目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナのような形状で最初は浮きますが、徐々に沈殿していく感じです。子どもたちの便秘は近年増加傾向にあります。

便秘がちな子供というのは、疲れていることが多かったり、物事に集中できないなどの不調がみられます。ウンチをため込んでいるようだったら早急に解決に向けて動きましょう。子供のための浣腸とか便秘の薬もありはしますが、それはあくまで緊急手段ととらえて使い過ぎに注意です。なるだけ従来の排便力ですっきりできるように食物繊維の多い食物や規則正しい生活を必要なことを備えてあげましょう。青汁 子供 飲みやすい

 

 

青汁にたくさん含有されるビタミンは、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、体の様々な生理作用をコーディネートするなどの働きがあります。

 

全身の37兆以上の細胞を活性させ、免疫システムを強化するために、すごく大事な任務を負っているのです。パセリや大根などの野菜だったりオレンジやイチゴなどの果物から摂れるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。子どもが水分を欲しがるようなときは、何かのドリンクより水をまずは与えてください。

 

 

 

不必要なものが混入してないので、体への浸透がスムーズなのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、胃にスイッチが入って自律神経も活発になり胃腸の消化のための準備が万全になります。

 

空腹感が強まるとともに、冷水のクールな感覚でスキッと眠たさもなくなるでしょう。子供の身体の健康と成長を支えるのは食物です。

 

 

 

食物の健康効果というのは、考えようによっては薬の効果をしのぎます。子供の日々食べているものこそが成長を左右する要因となることがあります。

 

 

 

まわりの人々、とりわけ親の場合は、その重要性を自覚しておくことが大事です。

 

食物は体の免疫力アップにも大きく役立ちますし、脳や神経の発達面でも肝要です。

 

 

幼児の頃は規則正しい生活習慣を身につけさせましょう。

遅い時間に寝ると、起床時間も遅れてしまい、生活時間も段々ズレが生じていきます。それにより、自律神経のバランスも狂って、成育するにつれて、心と体の不具合が生じることもあります。幼児期に期待される睡眠の時間は、晩は20時から翌朝は6時起きという10時間睡眠です。

この生活パターンを幼児期に完成することを目指しましょう。

 

成長の時期にある小児はしっかりと栄養の摂れる食物を三食しっかりと食べることが肝心です。

といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、もともと身体が求める栄養というものの許容範囲がおかしくなることがあります。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、自らが食せる量の範囲を感覚としてつかむよう教えていますが、とても感心しました。

 

最近の子というのは背丈がスーッと高くて手足の長さもサーと長く、旧時代の人たちよりクールなスタイルです。

こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から動物性食品の摂取が多い欧州や米国のようなタイプに趣向が変わってきたためです。

 

一方では、心筋梗塞や糖尿病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。もっと深刻なのは肥満や生活習慣病の子どもがどんどん多くなっていることです。