選択の英才教育
ホーム > 育児 > 子供に野菜や海藻をたっぷり与えるべき理由

子供に野菜や海藻をたっぷり与えるべき理由

成長の時期にある小児は栄養面でよく考えられた食事メニューを美味しく食べられることが重要です。ですが、必要量以上にバク食いすると、元来、人が備えるべき栄養のシーソーが乱れ兼ねません。

 

 

 

とある幼稚園では食べられそうなぐらいの飯の量を自分でつがせて、子ども自身の欲している容量の実感できるようにさせているようですが、なかなか本質をついたやり方だと感じました。海藻には野菜に引けを取らないミネラルやビタミンなど健康にプラスとなる栄養をたっぷりと有しています。

 

 

さらに白血球の作用を高めて、有効成分がなどガンを含む生活習慣病を防ぎ、免疫力を向上させるのにかなりおすすめの食品です。海藻に含まれる食物繊維は水溶性です。腸内細菌の増殖を促進して、大腸の働きを活発にして、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。

多くの野菜にはたくさんのミネラルが含有されます。ミネラルは体をつくる元となるとともに、食べたものを消化し分解すること、老廃物を排泄すること、エネルギーを産み出すことなど身体の生理現象をちょうどよく維持する効果をもちます。

そして野菜には便秘を防ぎ、腸にたまった有害物質を吸着し排出する食物繊維がたっぷりあるのです。

 

これらは体の中で生成されませんから、食事でしっかりと取り入れていきましょう。

 

 

小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで大人の脳の85%程度にまで発達します。それからは訓練によって少しずつ発達し、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知能に刺激を与えることによって能力が高まっていきます。

 

栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳を鍛えていく上での中心となる成分です。

また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする効果で知られています。DHAサプリの子供への効果は?

 

 

 

ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体の様々な生理作用をコーディネートするなどの働きがあります。

全身の細胞を元気にし、健康の鹿目でる免疫力を高めるため、すごく大事な任務を負っているのです。小松菜やニンジンなどの野菜類や桃やバナナなどの果物から摂れるビタミンは白血球のパワーを高めて免疫を向上させます。

 

 

海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸を豊富に有します。特に有名なDHA(ドコサエキサエン酸)の効果は驚かされます。

この成分は子供の脳の発育に有効であるという研究報告のある栄養素です。

海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。

 

海藻を使ったヘルシーメニューを毎日摂取して、海洋のエネルギーを体に取り込みましょう。子供の発育を支える柱が食物です。

 

食べ物が身体に与えるインパクトは、薬以上の働きをすることがあります。

 

子供が日ごろ何を食べているかが生育の状況に大きくインパクトを与えます。まわりの人々、とりわけ親の場合は、その大切さを忘れないでいることが必要です。食物は病気にならない体をつくるのに大きく役立ちますし、頭の発達にも深く関係します。今の時代の子たちは背も高く体つきもよく、手と足もかなりロングで、ちょっと前の人より魅力的なスタイルをしています。これというのもコメを主とする和的な食習慣から肉類を中心とした欧米型のメニューに生活がチェンジしてきたためです。しかし、糖尿病やガンなど昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。

もっと心配なのは小児の生活習慣病・肥満も急激に数を増している状況です。