選択の英才教育
ホーム > PMS > PMSは食事や運動や休息が深く繋がっている

PMSは食事や運動や休息が深く繋がっている

何かにつけて疲れやすかったり、ひとたび疲れるとその疲れが抜けるまで時間がかかるのは、女性ホルモンのバランスが崩れることで自律神経に乱れが生じるからです。

 

 

自律神経のうち交感神経は緊張や集中、副交感神経は休息や修復を司る神経です。

 

 

互いの切り替えが上手にいかなくて交感神経が高まり続けると、倦怠感を自覚することに繋がります。排卵後から月経が始まって7日ほどの期間は、愛情ホルモンと言われているオキシトシンの分泌が増えて、心が安定するようです。しかしその一方では幸福感を増やす効果のあるセロトニンの分泌は月経の前になると減少してしまうため、オキシトシンの分泌量に対してセロトニンの減少量が大きくなると、PMSの症状を自覚するようになるのだといわれています。

 

自覚症状のない人もいるのですが、月経のある女性において、約80%にいずれかの月経前の体調の不良を感じているようです。症状が続いている期間は各々個人差があり、排卵時期から月経開始までずっとつづく人もいますし、月経になる日が近くなってから軽く症状を感じる人もいます。

肌のケアをする方法は状態をみていろんな方法に切り替える必要があります。

 

ずっと同じやり方で、スキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえば全く問題ないということはありません。

 

今日は乾燥ぎみかな?と思うようにすればたっぷりと保湿をしてあげたりお肌の状態に影響し沿うな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアを行うという感じに変えてあげることがお肌のためなのです。肌にふれる空気や気候に応じて方法を使い分けることもお肌のためなのです。スキンケアの基本として、まず初めに汚れを落とすこと、また肌に水分を与えることです。

 

 

しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。そして、肌の乾燥も肌を保護する機能を弱めてしまうことになるため、保湿を欠かすことがないようにしてちょーだい。しかし、保湿しすぎるのもよくないことです。

PMSの症状が激しくなる要因もあります。突如おとずれた環境の変化やきついしごとなどのストレス、真面目で融通が利かない完璧主義などの性格や生き方、カフェインの入った飲み物やお酒をよく飲んだり栄養バランスの悪い食事をしていると症状が悪化することが多いです。

 

 

 

化粧水(高ければ美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)や乳液をつけるタイミングにも順序と言う物があり、ちゃんとした順番で使わないと、せっかくの効果も半減してしまいます。洗顔の後は、まず化粧水(高ければ美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)。

 

肌に水分を与えることが出来ますからす。

美容液を使用するのは化粧水(高ければ美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)の後です。

 

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。

水分を肌に染みこませてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。

 

 

PMSと言う病気は、ライフスタイルである食事や運動、休息が深く繋がっています。調子の悪い時期には日々の生活の中で少し健康に気を使うことが大事です。体の声を聞いて、悪い生活習慣を変えて自ら持っている自然治癒力を増加指せましょう。PMS サプリ 人気